朝白屋日記 天然石・シルバーアクセサリー製作

アクセサリーの製作過程や日常の事を徒然なるままに

新年度進行中、アクセも少し作る。

新年度である。仕事柄、年度末はさほど忙しくないのだが新年度は死ぬほど忙しいのです。

体はボロボロ、心はズタズタ、寝ても覚めても虚ろな目である。( 白骨)

製作に全然時間が取れずにストレスばかりがつのるのだ!やっぱり作るのがすきなんだなぁ、と再確認したり。

 

 

とまぁこんな話ばかりしてても仕方ない、忙しいならば時間を作ればいいじゃない!

 

 

なんとか時間をひねり出して作りましたよ〜!

 

f:id:asashiroya:20170413221557j:plain

レインボームーンストーンのリング。

 

 

f:id:asashiroya:20170413221702j:plain

リング部分を抜く。

 

 

f:id:asashiroya:20170413221754j:plain

石座を作る。

 

 

 

f:id:asashiroya:20170413221952j:plain

ざっくり形をとって…

 

 

f:id:asashiroya:20170413222023j:plain

ほい!完成!

 

あぁ!もっとつくりてぇなぁ!!

本日はここまで!

 

 

asashiroya.thebase.in

 

白熊食べて翼ネックレスを作る

鹿児島には白熊というかき氷があるんすよ、今はだいぶ全国的な知名度も上がってるみたいですけど。

夏まではまだまだですがもう今年の白熊開きをしちゃいました!

 

 

f:id:asashiroya:20170404105105j:plain

どうよこのビジュアル!美味そうだろうが!!!

白熊ってのは練乳を凍らせた氷でかき氷をつくって、その上にフルーツをのっけたものなんですけど、これはいちご白熊ってアレンジメニューです、や〜ん!かわいい!!いちごかわいいわぁ!!

 

さすが鹿児島県民のソウルデパートメント、山形屋。春なのに新作白熊です。レギュラー白熊もすでにメニューに載ってました。

 

 

さて、新作の製作でござい。

今回は前々から興味があった翼モチーフのネックレスをつくります。

っても、これが難しい、普段生活してて翼の構造なんて意識しないっすからね、描いてはけして、検索して、イメージを膨らませます。

 

f:id:asashiroya:20170404105836j:plain

ワックスのブロックに描いてみる

 

 

f:id:asashiroya:20170404110004j:plain

周りを削る。

 

 

左右のバランスを合わせたかったんでこれを半分にカット。ある程度ワックスに厚みを持たせておいて、大体の形ができてから分割すれば簡単に左右対象なものが出来ます。

f:id:asashiroya:20170404110228j:plain

ぱかーん。はい、線対称。

この後は翼のディテールを彫り込んで行きます。

 

 

f:id:asashiroya:20170404110408j:plain

下書きをガイドにして溝を彫って

 

 

f:id:asashiroya:20170404110502j:plain

丸みをつけたり尖らせて見たり、翼っぽくなるように。

 

 

f:id:asashiroya:20170404110619j:plain

ほいっ!こんな感じかな。

ここから

 

f:id:asashiroya:20170404110701j:plain

完成!写真撮り忘れ…

反対側の翼作って石座つくってバチカンも。

今回はレインボームーンストーンを合わせて見ました。

おおwカッコいいんでない?さぁキャストだ!

 


本日はここまで!

 

asashiroya.thebase.in

 

 

シリコンでスカル軍団量産③

いやはや、前回の更新からはや1週間。

 

1月は行き、2月は逃げ、3月は去る。

その言葉通り、日々の流れが早く、忙しない年度末を過ごしております朝白屋です。

 

うそです、ちょっと油断していただけです。特別忙しくないです。すみません。ポケモンgoばかりしてました、ごめんなさい。お許しください。去年のリリース日から初めてやっとコイキングギャラドスになりました。田舎はこんなもんです、ポケモンいないよ!

f:id:asashiroya:20170329140807p:plain

ねんがんのハイドロポンプ持ちギャラドス、小躍りしました。

 

 

ちゃんと仕事もしてるんだからね!!

遊んでばかりじゃないんだから!

滝先生すごいんだから!!

 

新作を作ってみました。

もうちょい研磨が残ってますが、星座モチーフのネックレスっす。ブルーゴールドストーンが星空みたいですよ。

 

f:id:asashiroya:20170329141244j:plain

牡牛座のモチーフ。月一でこのシリーズをだせたらいいなぁ。

 

さてさて、図らずも3回にわたってお届けしたシリコンを使った複製ですが、本日やっと最終回。いくぞ!!

 

f:id:asashiroya:20170329141738j:plain

前回は片面のシリコンを流すところまででしたね。

 

シリコンが硬化したらシリコンではなく、下に敷いていた油粘土を取ります。

 

f:id:asashiroya:20170329142006j:plain

粘土をとった状態。シリコンについてる細かい粘土はきれいに取ります。その時に原型は絶対にさわらないこと!シリコンに原型は埋まったまま、触って隙間ができるとその分大きさが変わってしまいます。慎重に粘土を取りましょう。

 

 

f:id:asashiroya:20170329142032j:plain

まわりがきれいになったらシリコン面に分離材を塗ります。専用の物がありますからそれを、つかってもいいし、なければワセリンやメンソレータムのリップでも代用できます。分離材は絶対に必要です、忘れちゃうと分割できないシリコンの塊になっちゃいますからね!

分離材を塗ったら囲いのブロックを高くします。

 

f:id:asashiroya:20170329142508j:plain

隙間をしっかり埋めてまたシリコンを流します。

 

 

 

f:id:asashiroya:20170329142549j:plain

はい!硬化!!

余計なところを切り落として分割。

 

 

f:id:asashiroya:20170329142753j:plain

割れるか…?

 

 

 

f:id:asashiroya:20170329142820j:plain

はい!ぱかーーん!!

上手に割れました〜!

スカルの周りに凹凸ができてますが、これが分割したシリコン型を正確に同じ位置に戻すために必要なんですな。これを作るために1回目のシリコンを流す段階で油粘土にへこみをつけたのだ!

こっからワックスを流すために湯道といわれるものを作ったりするんですが、私はちょいと違う使い方をするために今回は湯道を省略しました。

 

 

 

f:id:asashiroya:20170329142859j:plain

はい!できた!きれいに複製できるもんですなぁ。こっからスカルを色々アレンジして行きますよ〜!

 

 

本日はここまで!

新年度からもっと頑張ります。いやマジで。

 

 

 

asashiroya.thebase.in

 

 

シリコンでスカル軍団量産②

薩摩半島の南端に指宿というところがある。お湯に入らない温泉、砂むし温泉が有名ですな。

旅館やホテルがたくさんありますが、その中で、いわさきホテルというところに行ってきました。

目的は宿泊ではなく…

 

 

f:id:asashiroya:20170322110207j:plain

これだ!!

スペースハリアーのムービング筐体である。スペースハリアーってのは1985年にでたシューティングゲームで、自機を操作して奥へ奥へ進んで行くゲームです。すごいのはポリゴンとかがない時代にドット絵で3Dの奥行きのある感じを表現しているところ。

f:id:asashiroya:20170322111212j:plain

さらにこれがすごいのがムービング筐体なんです。自機の移動に合わせて筐体自体がゴンゴン動きます。

初めてやった時はちょっと怖いくらい傾いてました。( ;´Д`)

でもねぇ〜、筐体の動きと画面がリンクするってのがかなりの没入感を出すわけですよ。

かぁなりたのしい!夢中でプレイ。

朝白屋のへっぽこスキルでは4面の最初までが限界でした(・∀・)

 

ここはエレメカの宝庫で他にも

f:id:asashiroya:20170322111358j:plain

アフターバーナー

 

 

 

f:id:asashiroya:20170322111548j:plain

モナコグランプリや

 

 

f:id:asashiroya:20170322111658j:plain

名前がわからない、でも確実に昔見たことのあるこいつがありました。

いや〜、楽しかった。昔のゲームってのはたのしいですなぁ╰( ´◔ ω ◔ `)╯

 

さぁ、たくさん遊んだのでしっかり仕事もしましょう。前回購入したシリコン。

f:id:asashiroya:20170322111937j:plain

こいつを使ってスカルの型を取っていきます。

まずは型取りの下準備。

f:id:asashiroya:20170322112046j:plain

下の白い部分は油粘土でここに原型を半分埋め込みます。

半分ってのはきっちり半分ではなくて、型を取るものの形状によって極力引っかかりがない所を選びます。最初はなかなかイメージしにくいけど、やっていくうちにベストな位置がわかってきます。

この写真では後頭部に当たる所を埋め込んでます。

もうひとつ注意すべき所は、粘土が原型に被らない様にすること。原型と粘土の境目をはっきり出します。

f:id:asashiroya:20170322112651j:plain

 

ブロックで周りを囲んでるのはシリコンが漏れない様にします。隙間があったら粘土で封鎖する。原型の周りに空いてる穴はとても大事です。詳しくは後述。

さぁ、これで下準備完了です。

 

 

f:id:asashiroya:20170322112918j:plain

シリコンと硬化剤をしっかり計量して、しっかり混ぜます。ちゃんと計量しないと固まりません。

 

f:id:asashiroya:20170322113107j:plain

しっかり混ぜたら紙コップの縁を折って注ぎやすい形にします。注ぐ時はどばっとそそぐのではなく、高いところから糸を引く様に細く流していきます。こうすることでシリコンを混ぜた時の気泡がなくなりやすくなります。

 

f:id:asashiroya:20170322113319j:plain

原型のへこんだ部分や入りくんだ部分は気泡が入りやすいのでめんぼうでシリコンを一層守る様にしてもいいと思います。

 

 

 

f:id:asashiroya:20170322113455j:plain

はい!全部流れました〜( ^ω^ )

こっから完全硬化まで放置!使う物によりますがだいたい8時間から12時間くらい。

違う作業でもして気長に待ちま〜す!

 

図らずも余談でちょっと長くなってしまったので本日はここまで!

次回で型取り完結で〜す!

 

 

 

asashiroya.thebase.in

 

 

 

 

シリコンでスカル軍団量産

目がかゆい。

くしゃみがとまらない。

花粉の季節がやってきてしまいましたなぁ〜_( _´ω`)_

やぁ、しんどい。そこまで重症ではないんですが起き抜けにくしゃみ4連発とか勘弁して欲しいですわ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

春はやっぱりムカつくなぁ〜!

はやく夏になれ!!

 

さぁ、シルバーと天然石でアクセサリーを作る朝白屋ですが、ちょこっと習作としてシルバーアクセの代名詞ともいえるスカルに挑戦してみようと思います。

 

適当なワックスを探して写真を見たり、想像でちょこちょこ、作っていきます。

で、真鍮でキャストしたものがこれだ!!

 

 

 

f:id:asashiroya:20170318233558j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……へったくそ!!!

 

なんだこれ、ホラーマンかよ!それかヘルメットかぶったガイコツ兵か!

 

ちがう!!私が作りたいのはこんなんじゃない!リアルスカルが作りたいんだ!!!

 

ちょっと準備不足でしたな、入念に資料を探して新たに作り始めます。

ちょっと時間をかけて、丁寧に作りました。

これだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:asashiroya:20170318234037j:plain

へへっ〜ん、どう?一つ目とは比較にならないくらい上手くいってるでしょ?(`・ω・´)キリッ  

 

やっぱり準備は入念に、ですな。

さぁ、せっかく作ったこいつですが!このまま寝かせておくには勿体無い。

アクセに加工しよう!となったわけです。

 

でもなぁ、こいつに手をつけるのもったいない。

じゃあ複製しちゃえばいいじゃん!ってなわけで複製方法を考えます。

 

まず思いついたのが鋳造業者のゴム型を利用する方法。

大体の業者はワックス原型か鋳造した原型で複製用のゴムでできた型を作ってくれます。

ただ、これは一つ作るごとにコストがかかる上に収縮があるためにあまり使いたくない方法ですな。

 

ネットの海をさまよっていると、フィギュアの原型師さんがシリコンで型をとる方法が沢山紹介されてました。

 

……これなら自分でできるんじゃないか?

いや、できるな!よし!やるか!=͟͟͞͞( •̀д•́)

ってなもんで必要なものを注文。

f:id:asashiroya:20170318235710j:plain

へっへっへ…これでスカルを量産してやるぜ。

次回に続く!!

 

 

asashiroya.thebase.in

 

 

走った 「鹿児島マラソン②」

さぁ、いよいよスタートである。

スタートとほぼ同時に雨が降り始め最悪の状況

╰( ´◔ ω ◔ `)╯

フルからスタートして私の参加するファンランは最後尾から、走り始めるまでに5分ほどその場で待っていた。

それにしても車道をあれだけの人が走っているのは普段見られない光景で、やっぱりテンションがあがります。

 

いよいよファンランが動き始める

団子状態でほぼ歩くのと速さは変わらず、なんだ楽勝じゃん、と思った。

f:id:asashiroya:20170316131555j:plain

 

 

しかし、それはスタート地点だけで、徐々に集団のスピードが速くなっていく。

おぉ、気持ちいいなぁ、とか思いながらしばらく走る。

 

……あれ?

 

………しんどいぞ

 

これはかなりきついぞ………

当然である、ろくな準備してないんだから!!

 

あ〜!きつい!!!1キロも行かずにしんどい!!!

( ^ω^ )歩く?

 

いや、でもこんな序盤で歩いたらかなりかっこ悪いぞ…

 

( ^ω^ )歩いちゃえよ

 

いや、もうちょい…

 

( ^ω^ )もういいって

 

ああああああ!歩く!もう歩くぞ!!

 

朝白屋、開始10分で歩き始める。

いや、逆に褒めて欲しいですね。10分も走ったんですよ?

 

そっからはもうとぼとぼ歩いたり走ったり歩いたり歩いたり歩いたり。ほぼウォーキングでしたね。

ただ心強いのは私と同じように歩いてる人が結構いるって事でしたね。

f:id:asashiroya:20170316134239j:plain

5キロ地点。

前のおじさまも歩いてらっしゃる。

 

体力的なキツさもさる事ながらここら辺から雨が本降りになってきて、それがきつかったですねぇ、どんどん寒くなってくるし、体力が奪われていきます。

 

そんな状態でへろへろになりながら走って(歩いて)いると、結構歩道から応援してる人がいるんですよね、今までスポーツ選手が観客の皆さんの声援のおかげで頑張ることができました、っていってるのはあんまり共感できなかったんですけど、なるほど声援は確かに力がでるなって思う場面がたくさんありました。ちっちゃい子が大声でがんばれー!とか言ってるとその場は頑張って走れたり、そういう事が結構ありました。

ただ、ご年配の方が歩いてる私に、ほら、頑張れ!走らんか!とおっしゃった時は思わず心の中で

「うるせぇ、お前の首引っ張って一緒に走らせてやろうか!」

なんて思ったりもしましたけど( ◜◡‾)=○)‾◡◝ )

 

雨でズタボロになりながら走り続けて(歩き続けて )ようやく街の中心部に入ってきました。

f:id:asashiroya:20170316135125j:plain

鹿児島一の繁華街なんで普段は車がばんばん走ってるところを自分の足で走る( 歩く )とやっぱり感動します。

もうゴールはすぐそこ!

もはや気力だけで体を動かします。

f:id:asashiroya:20170316135320j:plain

あああああ!!苦行がおわる!!

 

 

 

f:id:asashiroya:20170316135439j:plain

ゴールだぁぁぁぁ!!!

ああああああ!!

f:id:asashiroya:20170316135526j:plain

制限時間が1時間45分だったのでかなりギリギリの時間でゴールww

 

キツかったぁ!!

と途中はやめたいとか、もう二度とするかとか、そんな事ばっかり考えてたんですけど、ゴールした時になんとも言えない達成感と爽快感がありました。

それまではマラソンとか意味がわかんなかったんですよ、なんであんな苦行をするのかって。

でも、今回走って(歩いて)みてハマる人はこの感じが忘れられなくて、何度も走るんだなってのが少しわかりました。現に私は来年も参加したいと思ってるしw

 

ボロボロの体を引きずってゴール会場に行くと豚汁とおにぎりが振舞われてました。

またその豚汁が涙が出るほどおいしかった!疲れて冷え切った体に熱い豚汁がしみわたりました!これは走ったり (歩いた)後じゃないと味わえないものですな!

 

 

 

f:id:asashiroya:20170316142021j:plain

頑張った証の完走証(完歩証)

 

もしかしたらマラソンにちょっとはまったかもしれないです。それぐらい衝撃的な体験でした。いつかフルにも参加したいなぁ、とか思ったり。今までじゃぁ考えられない事です。

やっぱりなんにしても参加してみないとわからないもんですね。

 

あ〜、楽しかった!

 

 

asashiroya.thebase.in

 

走った 「鹿児島マラソン①」

いや〜、サボったサボった。

前回の記事から約2週間もあいてしまった。

 

どうせ誰もみてねぇよ!ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ”とモチベーションが雪崩式ブレーンバスターのごとく急降下しておりました。

 

デザインの事とか販売の事とかいろんなことが頭をグルグルしてましたが、やめた!!考えるのやめた!!

 

馬鹿の考え休むに似たり、です。

 

無駄に考えないで作りたいものを思うままに作っていくんだ!

 

このブログも妙に肩肘張らずにやっていこうと思います。

ここを駄文書き殴りスペースとする!

 

さぁ、久々のネタは製作じゃないっすw

 

3/5にあった鹿児島マラソン走ってきました!

あ、フルじゃないです、もちろん。

ファンランの8.9キロに参加しました!

鹿児島マラソンってのは去年から始まった鹿児島の市街地を走る都市型マラソンです。

f:id:asashiroya:20170315153336j:plain

去年街頭でその様子をみて、溢れる非日常感に圧倒されてオレも出よう!となったわけです。

 

去年の10月頃に応募して、抽選の結果無事当選しました。

そこからちょこちょこトレーニングはしてたんですが、まぁなんとかなるだろ!と軽めの運動のみという暴挙に出ました。

 

さて、当日、朝早く自宅を出て集合場所へ。

会場が近づくにつれてマラソンガチ勢がたくさんいらっしゃる。

こちとらジャージ参加です。

マラソン用のウェアなんか用意してません、浮いてます。明らかにジャージが少数派です。もうこの時点で帰りたくなりました。

 

なんとか気持ちを落ち着かせて会場へ。

車道を封鎖して参加者用の通路としています。

f:id:asashiroya:20170315154007j:plain

ホコ天感覚でにわかにテンション上がりますなぁ。

会場では黙々とアップする人々、完全に朝白屋の致死量です。アップであんなに走る意味がわかりません。…本番で疲れちゃうよ?

初心者丸出しで、スタートブロックに入ります。

今年の参加者はフルが約10000人、ファンランが約2000人だったそうで、かなりの人です。

f:id:asashiroya:20170315154316j:plain

見渡す限り人人人人人人人人。

ポツポツと雨が降り出す中、スタートの合図!ファンランは最後尾からのスタートなのでフルの選手が過ぎるのを待ちます。結局スタートから5分後位で走り出しました。

 

ちょっと長くなったので本日はここまで!

次回!「瀕死の朝白屋」をお楽しみに!

 

 

asashiroya.thebase.in