読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝白屋日記 天然石・シルバーアクセサリー製作

アクセサリーの製作過程や日常の事を徒然なるままに

覆輪留め

昨日はバレンタインデーでしたね。

皆さんチョコはいかほど食されましたか?

2tトラック何杯分食されたでしょうか?

私は3杯分ほど食する気概は持っていたのですが洗面器一杯分も頂けずに

おとなしく自宅でチョコレートケーキを食しました。

f:id:asashiroya:20170215002318j:plain

 

最近もトラック何杯分のチョコレートが~とか話題になるんすかね?もうこの会話自体が昭和の感じですか?

チョコレートと言えば最近発売されたザ・チョコレートってありますよね。

この間ふらっと温泉旅行にいったんですが道中のコンビニでそのザ・チョコレートを買ったんですよ。で、宿の冷蔵庫に入れて夜に食べようと思ってたんです。

まぁ、忘れますよね、その存在を思い出したのは自宅に帰ってきてからでした。

未だに食べられていません。

近所のコンビニにはおいてないんだよなぁぁぁぁぁぁぁっぁ!!!!!!!

あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!食べたい!!!!!

 

 

閑話休題

今日はネックレスの覆輪留めをしました。

朝白屋で扱っている商品は接着剤を使用せずに石を留めているのがひとつ売りでして、その留め方の一つが覆輪留めです。

 

f:id:asashiroya:20170215002321j:plain

これは石をベースにはめただけで固定されていません。

この石の周りの金属を倒して石を固定するんですな。

 

f:id:asashiroya:20170215002452j:plain

このタガネで叩いて倒します。

これはこっちの記事のタガネとは違って先端を丸く鏡面に仕上げてます。

叩いた面に極力傷が着かないようにですな。といってもある程度は傷がつきますので、石留めの前に完璧にベースを鏡面研磨までしていると二度手間になっちゃいます。

 

f:id:asashiroya:20170215002323j:plain

両サイドを倒したところ。

この状態では石が固定されていないのでマスキングテープを貼って固定するといいですね。石が斜めになっていたりしないかいろんな角度から確認します。

 

f:id:asashiroya:20170215002325j:plain

上下を倒したところ。

見てお分かりの通り留める際は右を倒したら左を、上を倒したら下を、というように対角線状にある部位を倒していきます。

こうすることで全体のバランスを見ながら固定することが出来ます。

時計周りに順番に倒していくと石がずれるかもしれませんね。

 

f:id:asashiroya:20170215002328j:plain

コーナーを倒しました。

 

f:id:asashiroya:20170215002330j:plain

残りのコーナーも

これで全周倒しましたがまだ石はぐらぐらします。隙間がありますからね。

枠を完全に石に触れさせます。

  

f:id:asashiroya:20170215002348j:plain

矢印の部分、隙間があります。これを・・・

 

 f:id:asashiroya:20170215002350j:plain

はい!隙間が無くなりました!

今度は緑の矢印の隙間を・・・・

 

f:id:asashiroya:20170215002352j:plain

はい!!!無くなりました!!

こんな感じで全集をきっちり倒していきます。

ポイントは最初は枠に対してタガネを寝かせて、隙間が小さくなるにつれてタガネを立てて行きます。

タガネを鏡面にしててもやっぱり傷がついちゃいますねぇ、後はこれを研磨し直します!!

 

 

 

ザ・チョコレェトォォォォォォ!!!!

スタンド出てきそうじゃないですか?

 

本日はここまで!!

 

朝白屋の商品のここで買えます!!グレードですね。

asashiroya.thebase.in

ゼロから始める彫金講座 ~彫ってみよう編~

いや~、寒い週末でしたね。

鹿児島でも山間部は積もったみたいで、桜島も山頂に雪が積もってました。

初冠雪。

f:id:asashiroya:20170212215604j:plain

 

製作も順調でキャストに出したものが帰ってきました。

f:id:asashiroya:20170212215606j:plain

キャストに出したのは先々週、やっぱり地方は輸送に時間かかるから遅くなっちゃいますなぁ。これはバレル研磨まで済ませた状態でここからヤスリかけて表面を綺麗にして石留めします!早く仕上げてショップにあげま~す。

 

 

 

さて、久々の彫金講座です!

前回までタガネを作ってましたが、いよいよ彫りに挑戦!

f:id:asashiroya:20170212215609j:plain

彫るものはこれ、真鍮版板です。

縦線が入っているのはけがいたラインです。これにそって彫っていきます。

 

タガネを真鍮にあてがい頭をオタフク槌で一定のリズムで叩いて行きます。

 f:id:asashiroya:20170212215611j:plain

タガネの角度の注意。最初はややタガネを立てた状態で、

 

f:id:asashiroya:20170212215614j:plain

彫り進めていくに従って徐々にタガネを寝かせていきます。

均一な線を彫るには一定のリズムで叩く事と、タガネの角度を一定に保つこと。

 

 

これを踏まえて朝白屋初の彫りを見よ!!!

f:id:asashiroya:20170212215619j:plain

 

・・・・・・・うん

まぁ・・・・・・・・そうだよね・・・・・・・

いきなり上手くいくわきゃ無いんだけど、それにしても下手だなぁwwww

写真あげるの一瞬躊躇したもんねwww

 

しかしまぁ、このシリーズのコンセプトが彫りのど素人が悪戦苦闘する様を楽しんで頂こうってものなのでこれでよし!!これがリアルだ!ドキュメントだ!!

さて、ここからが大事、「なぜ上手くいかなかったか」を考えなければいけません。

ここでもう一度彫ったラインを見てみましょう。

f:id:asashiroya:20170212215623j:plain

画像大きめです。

まずは右側の黒の矢印。ラインが細くなってますね、ここはタガネを寝かせ過ぎて板からタガネが離れてもう一度彫り直した所です。

原因はタガネの寝かせ過ぎですな。

続いて青の矢印。ラインの底の部分の色が変わってます。

面の状態が周りと違うので光の反射が違って見えるんですな。ここはタガネを叩いても彫り進められなかった所です。同じ所を叩いたので面の状態が変わってます。

原因はタガネの切れ味が足りなかったからです。

 

そして全体的に真鍮板の上をタガネが滑るような感覚なんかもありました。

刃先が板に入らずに上滑りしたせいだと思います。

 

では、これらの原因を踏まえて総括すると

 

タガネの研ぎが悪い

 

これにつきますな・・・・・切れないから滑り、進まず、そのせいでタガネの角度を変えてしまう。

 

う~ん、もう一度研ぎ直しですね。研いでる時はいい感じだと思ったんだけど、やっぱりそんなに甘くないですな。

ではもう一度研いできます!!

 

 

本日はここまで!!

 

 

 

朝白屋の商品はこちらでお求め頂けます。

こっちはがたがたじゃないですよ~!

asashiroya.thebase.in

アクセサリーのデザインを考える。

鹿児島県人に百貨店といえば何?と聞いてみよう。

すると100%の人が山形屋と答える。

やまがたや、ではない、やまかたやと読みます。

まぁ、100%なのは山形屋しか百貨店と言えるものが無いからなんだけどな!!

 

 

けどまぁ県民に愛されている百貨店なんすよ。

ちょっと良い物を買う時は山形屋、贈り物は山形屋、年末年始は山形屋。

なんて風に節目に現れる山形屋です。

 

そんな山形屋もかなり前からこの時期になると各地の専門店を呼んでバレンタインフェアなるものを行っていて、毎年細君と一緒に繰り出してお互い好きな物を送りあうのが恒例になってる朝白屋です。

 

 

 

f:id:asashiroya:20170211023553j:plain

でで~ん!

いや~、買っちゃいましたよ、買いすぎましたよ。

朝白屋はチョコも好きだけどチョコが入っている缶が異常に好きなんですよ!!

今年は2つも缶が手に入って恵比須顔です。

細君はDEMELをご所望でござんした。

ああいった催事はテンションあがってつい買いすぎちゃうっすねぇ

 

 

さぁ、製作もやっておりますよ、最近自分の作りたい物の方向性がはっきりしてきました。作りたいものと出来上がるものが一致する快感ってのは病みつきになりますなぁ。

f:id:asashiroya:20170211023558j:plain

f:id:asashiroya:20170211023556j:plain

こう、なんとなく頭に浮かんでいる物をはっきりさせていくために紙に書きます。

ノートとかじゃなくて切れっぱしで十分です。

おんなじことを書いたり、ちょっと形を変えたり、バランスが取れているか考えたり、こんな風に書く事はすごく重要ですね。

こうして頭を整理したら実際に作って行きます。

これは以前に書いたブルーゴールドストーンのネックレスのデザインです。

このごちゃごちゃを形にすると・・・

 

f:id:asashiroya:20170211023601j:plain

こうなるわけだ!!書いてるものとちょっと違いますね。でもそれでいいんです。別に設計図を描いてるわけじゃなくて頭を整理するのが目的ですからね!

 

これを鋳造して

f:id:asashiroya:20170211023603j:plain

キラキラがいいねぇ、これは真鍮で鋳造したものです。

石の青とのコントラストがいいなぁ、と自画自賛。

これで完成では無くて石留めて研磨します!もうちょいしたらショップに出しますんでよろしくおねがいしま~~す!!

 

本日はここまで!

 

 

ショップはこちら!

asashiroya.thebase.in

 

 

タガネ研ぎ直し

ど~~も~~~!!!!

晩御飯にカツ丼を食べてご機嫌です。ヤッホ~い!!!

始めて行ったとんかつ屋だったんだけどカツを煮ずにカツの上に後から卵を乗っけてるタイプでした。これだとカツにサクサクの部分が残ってて二度楽しめました。

いやぁ~、カツは美味いっすなぁ。

 

さて、今日はあんまり作業に時間がとれませんでした。まぁ、カツ丼食べに行ったからなんだけど。美味いカツ丼でした、カツを煮ずにカツの上に後から・・・もういいか

 

以前研いだタガネを研ぎ直しました。

 

 

 

f:id:asashiroya:20170209234701j:plain

でで~ん!!

 

 

 

f:id:asashiroya:20170209234704j:plain

ででで~ん!!

 

地味ですなぁww

次はいよいよ彫りに挑戦ですわ!!おほほほほ!!!

 

 

 

注文していた石が届きました。

f:id:asashiroya:20170210004018j:plain

チャロアイトとアマゾナイト

ちょっとでかいのでカットしてタンブルにしまっす!

 

 

本日は以上!!

 

朝白屋の商品はこちらでお求めいただけますよ~

送料無料キャンペーン中ですよ!!

asashiroya.thebase.in

 

 

 

 

 

ゼロから始める彫金講座 ~タガネ製作編②~

さぁ、長期連載でお送りするゼロから始める彫金講座ですが、前回は彫りにおいて重要なタガネを作りはじめ大まかな形作りまででした、今回からはいよいよタガネの善し悪しを決める研ぎです!!

 

難しそうですなぁ~・・・サンプルが無いのでどうなれば完成かもわからないまま

暗中模索、五里霧中でスタート!!!

 

 

 

まずは使う道具ですが、

f:id:asashiroya:20170203000019j:plain

f:id:asashiroya:20170203000006j:plain

f:id:asashiroya:20170207215857j:plain

油砥石とミシン油、そしてラッピングフィルムシートです!

油砥石は茶色が#300程度、白は#1000程度ですね。

ラッピングフィルムシートは後述します!

 

そして研ぐ部分は

f:id:asashiroya:20170205002616j:plain

緑の部分と青の部分を研いでその境目を刃とします・・・あってる?

さらに上刃と下刃の頂点がシャープになるように仕上げます・・・あってる?

研ぎは荒いものから細かいものへ移行していきますのでまずは油砥石の茶色から

 

 

f:id:asashiroya:20170207215831j:plain

砥石にミシン油を垂らします。

砥石が油を吸収してしまうので本当は砥石を油にしばらく浸しておいた方がいいんですが、べたついて扱いにくそうなので使用する分だけ垂らしていきます。

ほんとに直ぐ油を吸収して無くなってしまうんですが焦ってはいけません。研ぎは焦らずゆっくり行います。

 

f:id:asashiroya:20170207215833j:plain

図でいえば緑の部分を砥石に当ててます、刃を出す部分を意識しながらゆっくり前後に動かします。緑と青の境目に直線を出すように片面ずつ研いでいきます。

 

 

f:id:asashiroya:20170207215835j:plain

研いだ面です。

 

 

f:id:asashiroya:20170207215837j:plain

こっちは研いでいない面。面の綺麗さが違いますね。

これを両面で行います。

 

f:id:asashiroya:20170207215839j:plain

それから上刃も忘れずに

茶色が終わったら

今度は白の油砥石

 

 

f:id:asashiroya:20170207215841j:plain

画像では分かりにくいけど茶色より面が綺麗になってます。

同じ研ぎ方で、全ての面を研ぎます。

 

 

そして仕上げはラッピングフィルム

f:id:asashiroya:20170207215857j:plain

その名の通りフィルムシート状でペラペラで紙やすりと同じ使い方が出来ます。

#3000と書いてある通り油砥石の白よりも細かいです。

これを使うと・・・

 

f:id:asashiroya:20170207215901j:plain

ほら!わかりますかね?先端部分が鏡面になりました。

でもこうやって見ると面の綺麗さが足りないかなぁ・・・

 

 

f:id:asashiroya:20170207215858j:plain

使い方は歪みの無い、硬い板の上に張り付けて砥石と同じ様に使います。

画像は厚みのあるプラ板の上に両面テープでシートを留めてます。

この様に下地がしっかりとしたところで使わないといけません。

柔らかい物の上で、例えばカッターマットなんかの上で使ってしまうとその柔らかさでタガネが沈んで刃の上にラッピングフィルムが覆いかぶさる状態で研がれてしまいます。

こうなるとせっかく出した鋭利な刃が丸くなってしまいます。

なので使う状態には十分注意してください。

 

f:id:asashiroya:20170207215906j:plain

全ての面を研いだところです。ちょっと暗いなぁ・・

 

う~ん・・・・ちょっと研ぎが甘いですねぇ・・・

駄目だ!!もう一回研ぎ直しだ!!

 

本日は以上です!!

 

 

 

 

 

 

朝白屋の商品はこちらでお求めいただけます。3/14まで送料無料!!

asashiroya.thebase.in

 

 

 

 

 

ブルーゴールドストーンのネックレス製作

最近、夜に散歩を始めた。

近々あるイベントのために体力をつけなきゃならんという事と、体重の方がレッドゾーンぶっちぎりになってしまってしまっているためだ。

思えば人生において運動を極力避けてきた私である。

これまでの人生を振り返って最も運動をしていたのは中学1年の頃だろう。

その時私は父の仕事の都合で地元を離れかなりの地方へ行くことになった。

どれくらいの規模かといえば中学3学年合わせて30人に満たない程である。

地方にありがちにな大変に保守的な校風で男子は坊主にし、全員野球部に強制入部と言った素敵仕様であった。運動習慣の無かった私にとってまぁ~きつかった。タッチアップも知らないレベルでお前ライトやれとはこれいかに。

 

夜の散歩に話を戻して、習慣付ければなかなか面白いっすねぇ。アプリで距離やペースが分かるようにしてるんですけど、昨日よりは長く歩いてやろうとか、ペースを早くしようとか考えるのも楽しい。継続できればいいですね!!!自分に言い聞かせる。

 

さて、最近はタガネ作りに力をいれてましたが、気分転換にワックスでアクセを作ります。ショップの在庫を増やす計画です。ちょっと現状在庫が寂しすぎますよねぇ・・・

 

使い慣れた材料です。

f:id:asashiroya:20170207015523j:plain

こんな風にパーツを作って

 

 

f:id:asashiroya:20170207015527j:plain

石と合わせてみます、この石はブルーゴールドストーン。

人工石なんだけど、光が当たる角度によって星みたいにキラキラ光るんで(まぁ!メルヘン!)最近好きな石です。

 

 

f:id:asashiroya:20170207015528j:plain

 

f:id:asashiroya:20170207015530j:plain

パーツを削って形を作って

 

 

f:id:asashiroya:20170207015533j:plain

石座とくっつけます。

 

全部くっつけて綺麗にしたら

f:id:asashiroya:20170207015535j:plain

はい!かんせー!なんか虫みたいだな。

こいつを真鍮でキャストして仕上げていきまーす!

 

本日は以上!!

 

 

 

朝白屋の商品はこちらでお求めいただけます。

asashiroya.thebase.in

 

 

 

 

 

ゼロから始める彫金講座 ~タガネ製作編①~

改めてこの彫金講座の趣旨を説明しますと、彫りや彫り留めの技術に憧れた朝白屋が、一から独学で取り組む様を余すところなく見て頂こうというものです。

当然彫りは初心者ですし教えを乞う人も身近にいませんから間違った事を書くかもしれませんのでなにとぞご容赦ください。生温かい目で見守ってくださいませ(*´∇`*)

 

ちなみに、普段はロストワックス法でアクセサリーを作っておりますんで、こちらもよろしくお願いしま~す。

asashiroya.thebase.in

 

 

 

さぁ!!今回からはいよいよ彫りの命、タガネを作っていきます。

しこたま種類のあるタガネですが、まずは毛彫りタガネから!!

文字通り毛の様に細い線を彫るための物です。基本的なタガネですな。

今回使う道具はこちら!

f:id:asashiroya:20170201205239j:plain

青タガネのカブです、この記事でも触れたようにカブには赤と青があって青の方はハイスと言われる硬い素材です。ヤスリでは削れないので通常はグラインダーなんかで削るんですが、私はこれで削りました。

f:id:asashiroya:20170205002625j:plain

でで~ん、ダイヤモンドディスクです。

普通は何かをカットする時にリューターに装着して使用するのですが、これの面の部分にもダイヤモンド砥粒がついているのでそこで削ります。

f:id:asashiroya:20170205002643j:plain

こんな感じで、

 

 

さて、まずはカブをよ~く見てみます。

f:id:asashiroya:20170205002618j:plain

f:id:asashiroya:20170205002641j:plain

f:id:asashiroya:20170205003609j:plain

きちんとした四角ではないです、ほんとにラフな状態なのでまずはこれを整えます。

 

 

f:id:asashiroya:20170205002634j:plain

しゃしゃーっと削って

 

f:id:asashiroya:20170205002646j:plain

はい!これでぴしっとした面が出ました。ここからスタートですな。

 

 

ほいで毛彫りタガネの形ですが

f:id:asashiroya:20170205002613j:plain

こんな感じです。それぞれの方向から見た形ですね、横から見た所に上刃、下刃とあるこれを作っていきます。

 

 

まずは

f:id:asashiroya:20170205002609j:plain

下刃の青部分を

f:id:asashiroya:20170205002649j:plain

削る!

f:id:asashiroya:20170205002650j:plain

こんな感じ!

 

 

お次は下刃の緑部分

f:id:asashiroya:20170205002616j:plain

 

f:id:asashiroya:20170205002659j:plain

おりゃぁ!!

 

f:id:asashiroya:20170205002708j:plain

せいっ!!

 

次!!赤の上刃!!

f:id:asashiroya:20170205002622j:plain

f:id:asashiroya:20170205002742j:plain

あれ・・・下刃のカーブがないですな・・・

 

もう一度調整!!すると・・・

 

 

 

f:id:asashiroya:20170205002711j:plain

かけた!!!マジすか?こんな事あるんだな・・・

気を取り直して削り直し!

 

 

f:id:asashiroya:20170205002744j:plain

分かりにくいですけど見たまま下が下刃です。

 

f:id:asashiroya:20170205002747j:plain

真下からの図

 

よしよし、こんな感じかな。

まずはこんな感じで形を整えます。

このあと砥石を使って研いで行きますが、思った以上に長くなったので続きはまた次回!!